セルフマガジン協会とは

2017年1月1日設立。
セルフマガジンの普及をめざし、
セルフマガジンの作り方、活用術の情報提供ほか
セルフマガジン大賞などのコンテストやイベントを開催。

・協会会長:かさこ

●ご挨拶
フリーランスのライター、カメラマンとして仕事獲得のために
クリエイターのポートフォリオ(作品集)代わりに
2010年に印刷して冊子にした「かさこマガジン1」が
セルフマガジンを作ったスタートでした。
以後、毎年セルフマガジンを発行する度に
仕事獲得や様々なご縁をいただき
自分の活動を紹介するセルフマガジンのすごさを
実感しています。
この素晴らしいツールを多くの人に広めたい。
そんな想いでこの協会を立ち上げました。

●会長かさこプロフィール
年間8万枚の撮影、年間90万字の執筆をこなす、
写真も撮影できるライター=カメライター。
国内外を取材・撮影するトラベルライター。
好きを仕事にする大人塾=かさこ塾塾長。
月間約35万PVを誇るブロガー。

1975年生まれ、横浜市鶴見区在住。
川越高校卒業、中央大学法学部卒業後、
1997年から大手サラ金に約2年勤め、
総額10億円以上を融資するトップセールスマンに。
1999年にサラ金退職後、「深夜特急」に憧れ、アジアを4カ月放浪。
2000年~2012年まで編集プロダクション3社に勤め、
編集、ライター、カメラマンとして仕事をするかたわら、
ホームページ(現ブログ)の毎日更新を続け、
個人で20冊の本を出版するなど、パラレルキャリアを実践。
2012年2月よりフリーランスに。
国内外の取材・撮影をしたストックを生かした、
記事の提供、写真貸出などを行う。

2014年より、好きを仕事にする大人塾
=かさこ塾(セルフブランディング&ブログ術講義)をスタート。
2016年12月末時点で1~41期生・750人の塾生を輩出。

・協会副会長:櫻木よしこ

●ご挨拶
一冊のセルフマガジンが、時には人の人生において
大きな意味を持つことがあります。
私の場合、それがかさこ会長の「かさこマガジン5」でした。
数年間、足踏み状態だった私が一冊の
セルフマガジンがきっかけで動き始めたのです。
そして私自身も編集者であることから、
自分のセルフマガジン「Restart」を作り、配布を開始。
想像以上に仕事に結びつき、思わぬオファーをいただいたりと、
じわじわと効いてくるその効果に驚いています。
SNSでの発信もさることながら、
自分のことや自分のサービスを知ってもらう
ビジネスツールとして名刺の
次に用意したいのが「セルフマガジン」です。
セルフブランディングを形にする
「セルフマガジン」を作ってみませんか?

●副会長プロフィール
編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。
鹿児島市在住。20代でワーキングホリデーメーカーとして渡豪。
シドニーの出版社2社で、編集者として5年間勤務。
滞在中に現地観光新聞「Japan Press」「オーストラリア留学事典」
「地球の歩き方・暮らし方 オーストラリア編」等の
取材、編集、ライティングを担当。
帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。
その後、鹿児島の情報誌で4年間、副編集長を務めたのち、
再びフリーランスとして活動開始。
留学・海外ものをメインに手がけ、
現在は、ブログの文章講座やセルフマガジンスタートアップ講座も開講。
また、終活関連の資格も取得し、エンディングノート講座も開いている。

・取材・講演依頼・お問い合わせ
kasakotaka@hotmail.com